琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「不肖の息子」46話あらすじ・感想

不肖の息子とは「(親や師匠に似ず)愚かな息子」という意味のようです。 あらすじ 梅長蘇は幸い、そのあとに体調が復活します。靖王(せいおう)は「お父上の名前は何というのだ?」と尋ねます。梅長蘇は「梅石楠」と答えます。 それから靖王(せいおう)は静妃に「梅長蘇のお父上の名前は何というのです?」と尋ねます。静妃は初め、ためらっていましたが、「梅石楠」と答えます。(梅長蘇に質問した直後に静妃を訪れ…

続きを読む

琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「対峙」38話あらすじ・感想

今回の見どころ 梅長蘇と夏江の心理戦のような延々と続く対話のシーンは見どころです。一言一句がそれぞれ含みがあり、ちょっとしたしぐさ、一瞬のシーンが重要な意味があるような気がするので、一瞬たりとも目を離せません。 いつもは落ち着いた雰囲気の梅長蘇ですが、今回、夏江と対話しているシーンでは、なぜか「若さ」を感じました。「あれ、この人って実は若いんだ」というような。 おそらく、梅長蘇は夏江との対…

続きを読む

琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「友との別れ」26話あらすじ・感想

あらすじ シン・ハンジャクは四姐に「ある男を落として欲しい」と頼みます。四姐は初め、「あなたももう足を洗ったほうがいい」と言いますがハンジャクの説得の根負けして「これが最後」という約束で頼みを承諾します。四姐に依頼した男とは梅長蘇の屋敷に出入りしているトウ・ロという野菜売りの冴えない男でした。ハンジャクは「あの男は怪しい」というのです。 一方、ショウ・ケイエイは南楚の父が重い病だというので妹…

続きを読む

琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「主従の原則」「廃園」6~7話あらすじ・感想

あらすじ 越貴妃は嬪に降格、待遇は幽閉という厳しい罰を皇帝は命じます。しかし皇太子は貴妃の必死の懇願「私が一人で仕組んだこと」と言ったため、処分は謹慎ということに。 一件落着かと思いきや、靖王は自ら昭仁宮(越貴妃が住んでいたところ)で、皇太子を人質に取ったことを皇帝に告白します。 皇帝は「しかし、なぜこの事件に気付いたのか?」と質問するんですね。靖王は、困ったなあなんて言おう・・と思ってい…

続きを読む

大王の道 第8話をちらりと観た感想・あのユン・ソナが英祖の側室役で出演・思悼世子が登場するイ・ビョンフン監督作の、チャングムより古いドラマ

BSで大王の道という作品がスタートしていました。「大王の夢」じゃなくて「道」です。これはイ・ビョンフン監督作品です。チャングムより古い作品。チャングムに出る役者さんがたくさん登場します。イ・ビョンフンファミリーですね。 興味深いのはユン・ソナでしょう。う~ん、鼻を整形してる???かなあ? 以前も少し観たことがあるドラマですが、その時も途中からで全部観ていません。ただ、初めから見ていれば結構面…

続きを読む

イニョプの道1~15話感想

このドラマは毎回、しっかり観ています。ただ、最近各話ずつ書く余裕がなく、まとめての感想です。 ムミョンの正体 ムミョンは登場当初から「こいつは何者?」な雰囲気を持っていたのですが、なんと太宗(イ・バンォン)のご落胤だったということ。 イ・バンウォンは、ムミョンの母子を狙った犯人が王妃とにらんで調査中なんですよね。で、なぜかというと、母子への愛情というよりも、元々は王妃の実家の勢力、外戚の権力が…

続きを読む

映画・マクベス(シェイクスピア)感想

マクベスというタイトルは有名なので知っていますがストーリーは全く知りませんでした。 これはストーリーが明快でわかりやすく、途中で眠くなることもありません。 演出は、映画だけど舞台のような感じです。 城などが明確に作られておらず、あいまいな岩で表現されています。そして、ほとんどマクベスのセリフを中心に動いていきます。しいて言えば、マクベスの妻が多少インパクトがあリ、他の登場人物もセリフがあり…

続きを読む

映画・ヘンリー5世(シェイクスピア)感想

この映画は演出がちょっと変わっています。ただ、ちょっと途中、眠くなりました。 町中の大衆向け劇場→イギリスとフランスの決戦(草原)→劇場の舞台よりちょっと広めのスタジオ?→町中の大衆向け劇場 というように、小さい画面と観衆から、草原の広大な場所に代わり、後半の終盤近くになると舞台より少し広めのスタジオになり最後に再び小さい劇場と観衆に戻るという画面設定です。 イギリスとフランスの決戦という…

続きを読む

秘密の扉 第2話 あらすじ・感想

登場人物 (役名/俳優名) イ・グム(英祖)・・ハン・ソッキュ イ・ソン(サド世子)・・イ・ジェフン ソ・ジダム(貸本業の娘)・・キム・ユジョン 恵慶宮ホン氏(世子嬪)・・パク・ウンビン チェ・ジェゴン(イ・ソンの右腕)・・チェ・ウォニョン ナ・チョルジュ(剣契)・・キム・ミンジョン シン・フンボク(イ・ソンの親友、画員) キム・テク(老論派の領袖)・・キム・チャワン パク・…

続きを読む

九家の書 第11~12話 あらすじ、感想

あらすじ 「チョンジョを連れて逃げてくれ」 膝をついてテソはガンチに願います。 ガンチは、テソの頼みを受け入れることに。 無形同館の師匠は、ガンチに尋ねます。 「もし、テソやチョンジョがお前の本当の姿を知って受け入れなかったら、どうするんだ?」 「家族なんだ。そんなはずはない。」と答えるガンチ。 しかし、テソはグァヌンに脅されていました。 ガンチにチョンジョを連れて行くと見せか…

続きを読む

神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第31話 あらすじ、感想

あらすじ 成玉霜が亡くなった直後、部屋に鉄海棠がやってきました。彩陵が刀を向けますが「お前を殺すのは簡単だが、そんなことはしない。成玉霜の葬儀を盛大に行うから出席しなさい。同じ門弟ではないか。」と言います。 彩陵は「仇敵から葬儀を上げてもらうくらいなら自決する」と言って、首を吊ろうとします。しかし鉄海棠は彩陵がいれば寇英傑を呼ぶ餌になると考えて馬車に乗せて連れ出します。 すると寇英傑は予想…

続きを読む

家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ 第72話 最終回 あらすじ、感想

あらすじ スンボンが退院したら家族のど自慢大会を行う事に。スンボンは、ウテクにこっそりと「3人の子供たちは皆、音痴なんだ。」と言います。小さいころはよく3人で歌ったり、踊ったりしていたのに、いつの間にか歌わなくなった、と。 スンボンは優勝チームに賞金100万ウォンを出すと言うので、みな大いに盛り上がります。院長夫妻や会長夫妻も出ることに。 ガンシムはウナンに「よろしければ、参加してください…

続きを読む

家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ 第71話 あらすじ、感想

あらすじ スングムはウナンから話を聞いて帰宅します。そして「叔母さんが帰ってきた!」と皆が安堵するも、ソウルが「あ!何をなさるんですか!」と大きな声が。皆が台所に行くとスングムはキムチをゴミ袋に全て捨てていました。「ガンジェから塩辛い物を作るなと言われていたのに、無視したから兄さんが病気になった。私のせいよ。」と言います。 その日の夜、ダルボンは目を覚ましスンボンの布団に潜り込み、一緒に寝ま…

続きを読む

家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ 第70話 あらすじ、感想

あらすじ ガンシムとテジュ、いよいよ結婚式当日。母の代理として主席するスングムですが直前にトイレに行くとバッタリ会った院長夫人が「お父様、大変ですね。」と声をかけます。スングムはそうしてスンボンの命がわずかであることを知ってしまいます。 院長夫人はまずい事を言ってしまったと思いますが式場に戻ります。スングムがいないと会場は大騒ぎ。スングムは、トイレの個室にいたのですが、応答がないので外や会場…

続きを読む

家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ 第69話 あらすじ、感想

あらすじ 帰宅したスンボンに何も知らないスングムは「ウナンと結婚すればいい。」と言います。スンボンは「そんな仲じゃない。」というと「一週間も一緒にいたのに。」と冷やかします。ところがそれをきっかけに大ゲンカになります。 そこで皆で相談しますが、ガンシムはソリと衣装を見に行っているので留守。ヨンソルが提案してヨンジュとソウルにケンカの芝居をさせます。 途中、本当のケンカになりかけますが、必死…

続きを読む