王女未央(おうじょ びおう)1~3話 あらすじと感想

あらすじ 時代は南北朝時代で魏が全盛期の時代。涼(国名)の王は魏に投降し軟禁されます。しかし国は存続し王の地位も継続されていたわけですね。しかし王女であるフウ・シンジが成長したある日、涼王は十数年ぶりに誕生祝を祝うための帰国を許されます。 しかし魏の尚書の息子が涼王が謀反を企てたとして財産乗っ取りなどを計画。一家は全員抹殺されますがシンジは逃げ延びます。そこで助けられた山奥に住む少女未央はな…

続きを読む

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 17~25話 あらすじ 感想

ちょっとダラダラ気味のところもありますが面白く見ています。敵国の王女(?)にまだ気づいていないのがもどかしい。25話で大出世したイブラハムがハティジェと婚姻できず故郷に帰ってしまうというぽか~んな展開。ところがここで大展開の予感。なんと故郷にイブラハムの双子の弟が生きているんです。イブラハムそっくり。イブラハムが故郷に残り弟がイブラハムのふりをしてオスマントルコに戻る?イブラハムが死ぬ?殺される…

続きを読む

花たちの戦い~宮廷残酷史~ ~10話までの感想と気付き

このドラマ遅ればせながら途中から(7話から)見始めました。主役が心優しくない系だし、男性主役(?)が大御所俳優なので食わず嫌いになっていたんです。しかし主役も男性主役(?)も実力派であるには違いない。それで思い切って見始めたらパターンではあるが、やっぱり面白い。 まず、このドラマは主役ヤムジョンの残酷さがどこから来るのかということ。 政治的背景の柱は、清と明の戦が要であること。 これま…

続きを読む

(中国ドラマ)ムーラン 16~30 (中国ドラマ)ムーラン 16~30話 あらすじと感想

花生と趙宇は命からがら柔然から逃れますが、このエピソード、ちょっとありえないけどこれからさらに波乱の火種にもなるんです。 やっと柔然から隋に戻ったのに、また花生と趙宇は柔然に行くことに。というのも俊皇子が柔然の元ハンの首を返し和睦を結びにいったから。 当然、皇后は反対しますが花生に俊が戻れたら玉荷を褒美にやると約束したんです。 花生の脇で趙宇も行くことになり趙宇は事前に実家に帰りま…

続きを読む

ムーランComment (0)

フビライ・ハン 49~50話(最終回) あらすじと感想

あらすじと感想 フビライとアリクプカの最後の決戦。最後の戦いはフビライが一度はアリクプカからうばったカラコルムが留守中、奪い返されてしまうんですね。チャブイは当初、頭が切れる女性としてえがかれていましたが、よ~く見てると後半はかなりヘマをしてます。人柄はいいんですけどね。フビライは留守をチャブイに託して遠方に出向くのですが、いつもその間にトラブル勃発。 今回もアリクプカ側に都であるカ…

続きを読む

(中国ドラマ)ムーラン 13~15話 あらすじと感想

あらすじ 花生と趙宇は揉冉(じゅうぜん)の捕虜となり、生贄にされかけます。逃亡の途中、巫女がハンの側近と密会をし、毒蛇で暗殺を謀る話を聞いてしまいます。逃亡中、二人はアリの大群がぞろぞろ移動する姿を見ます。趙宇は転変の兆しかもしれないと言います。逃亡は失敗しますが趙宇がとっさに花生に占い師のフリをするように伝えます。花生はあやしげな呪術っぽいフリで踊りながら予言を伝えます。そのさなか、花生…

続きを読む

フビライ・ハン 46~48話 あらすじと感想

あらすじと感想 アリクプカは劉秉忠を味方に引き入れることに成功・・と思いきや、これはフビライと劉秉忠の作戦だったという・・。ユンリンは劉秉忠の元を訪れて戻るように説得。しかし劉秉忠は頑として聞かないのでユンリンは劉秉忠の腹を刺して自分も自害しようとしました。劉秉忠は慌てて真意を告げます。フビライへの手紙を託します。 いやはや劉秉忠、危うく死ぬところでしたね。その割にすぐ回復したようで結構…

続きを読む