ハンシュク~皇帝の女傅 1,2,3,4,5、6話感想

スタートは明るくコミカルなノリのドラマです。 雰囲気は「王女未央」のニオイがあります。 主人公のハンシュクは、ちょっと前の少女漫画の主人公な感じです。 何だかんだ言って頭が良く、勇気があり明るく性格がいい。 ある意味出来過ぎなわけですが。 冒頭でハンシュクを支えてきた従者と離れます。 女傅とは宮廷で皇族の教師のことです。 同僚の女性とハンシュクは気が合い親友となるようですが、本の読…

続きを読む

三国志 ~42話 感想

30話代後半で趙雲が三国志の3人と合流、劉備に義兄弟として受け入れられます。 この間には趙シュウマイが死亡。 42話はすごかった。

続きを読む

中国ドラマ「三国志~趙雲伝~」1~35話 感想

おなじみの三国志とは違う人物が中心です。 当初、趙子龍(ちょうしりゅう)は若さゆえの単純さが目立っていました。ですが30話前後になると落ち着いて対応するように変化しています。一方でライバルの高則(こうそく)は、黒い部分がどんどん前面に出てきます。 夏侯傑(かこうけつ)が趙子龍(ちょうしりゅう)の父母を殺した犯人ですが、李全(りぜん)は早々に気付いていました。ですが証拠がなく夏侯軽候(…

続きを読む

王女未央 全話感想

王女未央、観終わりました。 改めて全話を見終わってみれば、結末は全て主題歌が流れる時の映像に集約されていました。 拓跋シュンが皇帝に即位したシーンと未央と結婚したシーンが描かれていたので、ハッピーエンドとばかり思っていたのです。 けれども、あのシーンはちょっと違っていました。 確かに未央は拓跋シュンと結婚したし、皇后にもなりました。ですが拓跋ヨから飲まされてしまった毒の解毒薬を未央に…

続きを読む

王女未央 ~42話 あらすじ

未央、またまた大試練です。 というのも拓跋俊の母が殺されてしまったから。 しかも未央は拓跋俊母殺しに仕立てられてしまったからなんです。 その犯人は実質、李長楽なのですが、黒幕は常茹です。 長楽は何だかんだ言って、頭が回らない。 母や従兄のシツナンは頭が回りやり手ですが、長楽は「わがままに育った意地悪娘」程度。 常茹は拓跋ヨが未央に心惹かれた気配を察しました。 だから長楽に話を持…

続きを読む

王女未央 ~30話までの感想

多分、いずれこういう展開が来るだろうなと思ったら遂に。 南安王が未央を心から愛し始めそうな気配。 そして30話では初めて南安王の幼き日のエピソードが登場。 南安王が異様なまでにクールなのはそのせいだったのですね。 幼い時に母親から引き離され育ての母から冷たい仕打ちを受け 暗いところに閉じ込められ泣き叫ぶシーン。 南安王はたまたま未央と隠れた薄暗い場所でその恐怖がよみがえっ…

続きを読む

王になった男(韓国時代映画)感想

光海の影武者になった男をめぐる話。 コミカルなストーリーと共に心がじんわり暖かくなるドラマです。 時代と設定、影武者で思い出すのは日本の小説ですね。 影武者徳川家康。 さすがにストーリーは違うけれど、おそらくヒントにはしているだろうなと。 最近、韓国ドラマではやたらと光海君を高評価するドラマが多いですね。 「もし、光海君が王を全うしていたら」というような。 けれども国全体の利益では…

続きを読む

(中国ドラマ)孤高の花 全話感想

中国ドラマの「孤高の花」を見終えました。 中盤以降に面白なって来たので目が離せなくなりました。 ドラマの見どころは何といっても画面の視覚的美しさです。女性のためのドラマだなという感じ。と言っても女性で軍師でもあるハク・ヘイテイの頭の切れっぷり、戦闘シーンは男性も面白いと思えるスケールの大きさがあります。 このドラマをネタバレすると、おおざっぱに言えば絶世の美女であるハク・ヘイテイを…

続きを読む

韓国ドラマ 三銃士 全12話 感想

韓国ドラマの三銃士、全12話を一気見しました。 今、アマゾンプライム会員ならで全話観ることができます。 全く期待せず、観ました、が、止まらなくなりました。 韓国では12話×3回で全36話の予定だったそうです。 が、視聴率が振るわず12話で完了したらしいです。残念。 実際、12話は続きがありそうな気配で終わっています。 韓国で不調だった理由、推測ですが推理物の要素がある気が…

続きを読む

(韓国ドラマ)三銃士 1~8話 感想

全12話です。 何となく観てみましたが、久々にヒットです。 最近、見終えたばかりの宮廷残虐史(韓ドラ)とほぼ同じ時代です。 冒頭でこの話は100年後の清で朝鮮人が発見した記録だとナレーションが入ります。 ただし、著者は実在しておらず、架空の話か偽名を使ったかは不明とのこと。 実際に、そんなことがあったのか、架空の架空かは不明。 地方の貧しい家の若者が科挙を受けに行くところ…

続きを読む

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 27~28話 あらすじ 感想

ヒュッレムは殺人の疑惑で別城に追放。 皇子は宮殿に留め置かれ、娘だけ連れて行くことを許されます。 親友のギュルニハムだけが「ついていくわ」と申し出。 かつてあんなにひどいことをしたのに、なんていい人だ。 多分、この人の良心は本当だろうね。 ただし、以前、ちょっとだけスレイマンの寵愛をうけながら、結局うやむやになったのは単にヒュッレムが懐妊中だったからなのか?ギュルニハムの毛皮事件のこと…

続きを読む

ムーラン 40話最終回

あらすじ 俊皇子は柔然公主と結婚 柔然皇帝の申し出であり俊皇子が柔然に行くことに。政略結婚ではあるが柔然公主は俊皇子が好きなので喜んでいる。 俊皇子は柔然公主に好感を抱いているし、新たに皇太子になった次男皇子(後の煬帝)との行く末を考え提案を受け入れる。 趙宇は俊皇子に決闘を申し出る。「勝った方は若欄を幸せにすると誓う」と趙宇。趙宇に武芸のたしなみはなく、命をかけた願いである。俊…

続きを読む

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 26話 あらすじ 感想

イブラハムが故郷に帰り、うだうだしているとスレイマンから迎えに来させられています。双子の兄はイブラハムそっくりで弟が小姓頭どころか総理的な立場と知り父とびっくり。これ、絶対嫉妬してるでしょ。 一方、ヒュッレムは日ごろの口の悪さが災いをもたらしてしまいました。なんと殺人の疑いをもたれてしまうのです。しかもスレイマンも信じてしまう。 もともと最近、スレイマンの愛が危うかったのでタイミング…

続きを読む

花たちの戦い~宮廷残酷史~ 20話~32話までの感想

登場人物の年齢層が高いので、流行の若者受けする時代劇風ラブコメとは良い意味で違うドラマです。役者は実力派ぞろい。特に男性主役の(仁祖役)のイ・ドックファが新しいイメージの仁祖を好演しています。またヒロインのヤムジョンを演じるキム・ヒョンジュは「商道(サンド)」が印象的ですが、最近観たドラマでは「家族なのにどうして」でのガンシム役が記憶に新しいところ。 いわゆる「製作費○億円!」の様なドラマ…

続きを読む

王女未央(おうじょ びおう)4~11話 あらすじと感想

うわ~少女漫画の世界ですね。 昭和な少女漫画の世界ですよ。これは。 ざっとこんなあらすじですが、これは少女漫画王道のパターン 主人公は正義感あふれる力強い少女。 謎の貴公子との出会い。 継母とその子にいじめられる。(キャンディキャンディのイライザとニールを思い出しましたよ。) その子はバカ息子、いじわる娘。 謎の貴公子をライバルいじわる娘が好き。 気弱な味方の少女あらわる…

続きを読む