花たちの戦い~宮廷残酷史~ 20話~32話までの感想

登場人物の年齢層が高いので、流行の若者受けする時代劇風ラブコメとは良い意味で違うドラマです。役者は実力派ぞろい。特に男性主役の(仁祖役)のイ・ドックファが新しいイメージの仁祖を好演しています。またヒロインのヤムジョンを演じるキム・ヒョンジュは「商道(サンド)」が印象的ですが、最近観たドラマでは「家族なのにどうして」でのガンシム役が記憶に新しいところ。 いわゆる「製作費○億円!」の様なドラマ…

続きを読む

花たちの戦い~宮廷残酷史~ 1話~19話までの感想

はじめに途中から観て面白かったので冒頭話を観たんですけどね。アマゾンプライムビデオにこの作品全話があるのに気付きました。ギャオの更新を待たなくても観られます。というわけで現在視聴中なんですが19話まで見終えました。 感想としては「おもしろい」このドラマはかなり面白い。ヤムジョンのエピソードも面白いですが、このドラマは各登場人物が丁寧に描かれているんですね。 で、仁祖の出番が一番多いの…

続きを読む

花たちの戦い~宮廷残酷史~ 1話~3話までの感想と見どころ

このドラマ、はじめに7~9話から観て意外と面白かったので1話から6話を今観ています。1~3話を観た感想と気付きです。 まず7話から観て想像していたヤムジョンの生い立ちとこれまでのストーリーですが想定したことと違う部分と「だいたい同じ」部分が半々くらいでした。 ヤムジョンは両班の側室の娘ということでしたので、「女人天下」のナンジョンを想像していたんですね。そういえば女人天下と何となくス…

続きを読む

花たちの戦い~宮廷残酷史~ ~10話までの感想と気付き

このドラマ遅ればせながら途中から(7話から)見始めました。主役が心優しくない系だし、男性主役(?)が大御所俳優なので食わず嫌いになっていたんです。しかし主役も男性主役(?)も実力派であるには違いない。それで思い切って見始めたらパターンではあるが、やっぱり面白い。 まず、このドラマは主役ヤムジョンの残酷さがどこから来るのかということ。 政治的背景の柱は、清と明の戦が要であること。 これま…

続きを読む