賢后衛子夫 6~21話 感想

ところどころ抜けて見ています。 このドラマ、ストーリーにもう少しテンポが欲しいところ。 衛子夫の人柄をストーリーでのテンポで表している感じもありますが。 さて、衛子夫は3人の公主を産み、皇帝からは寵愛を一身に浴びています。 皇后は嫌味を言ったり相変わらずだけど衛子夫が皇子を産んでいないせいか、まだ余裕があります。 王皇太后がなくなり、これまで大人しくしていた皇太后(皇帝の母)が皇帝…

続きを読む

私は王である(韓国映画・李氏朝鮮王朝時代もの)あらすじと感想

あらすじ このドラマ、要は忠寧の成長の物語なんですよね。ドラマ「チュモン」も同様でしたが。ベースは似ていますね。 朝鮮2代王の時代、世子(のちの譲寧)は放蕩がひどく、2男の王子は仏門にはいっていたので、3男の忠寧が世子になれと突然、王から告げられる。忠寧はびっくり。 一方、両班の娘として奴婢のドクチルを思いながらも悠々自適な生活を送っていた娘は、突然、父が謀反の罪で捕らわれる。奴婢…

続きを読む