アラン使道伝 第7話 あらすじ、感想

あらすじ キム・ウノは複数の遺骨が発見された古井戸跡で何枚かの札を見つけました。その文字をよく見るとそれぞれ方角を示しています。 東西南北、北東、北西、南西・・その場になかった札は、該当する方向の木の枝に括り付けられていました。ウノが一枚発見するごとに、天上界では水晶玉(のようなもの)に亀裂が入りました。 その水晶玉を玉皇上帝、閻魔、死神が見守っています。亀裂が増えるたびに「始まった。」「人…

続きを読む