大風水 第23話 あらすじ、感想

あらすじ 数年経過した1383年、大陸は元ではなく明が支配していました。明の使臣が高麗に来て、「先王はなぜ死んだのか」と聞かれます。イニムは持病があったと答えます。   そのあと、ひそかに明の使臣を訪ねたウ王は使臣に先王の死因に疑問を持っていることを告げて明の皇帝宛に密書を描いたものを渡しました。   それに気づいたイニム側は使臣が岐路の途中、殺害します。しかし、死ん…

続きを読む

大風水 第19話 あらすじ、感想

あらすじ イニム、スリョンゲ、ジョングンは、自分たちの秘密の全てを知ったであろうイ・ソンゲをどうするかについて神妙な顔で話合っていました。   一方、イ・ソンゲも無学大師にイ・イニムを討つと宣言していました。しかし大師は「イニムを殺しても何の得もない。将軍が権力を得れば何かが変わるのか。反対勢力はどうするつもりだ。その答えがなければ混乱するだけで民が犠牲になる。」と言います。 け…

続きを読む

大風水 第34~35話 最終回 あらすじ、感想

あらすじ 高麗王は、イ・ソンゲに王印を渡して投降、島流しとなります。ついにイ・ソンゲが王に即位します。カン氏が王妃となります。即位式の直前、パニャは短刀を持って女官になりすまし侵入、イ・ソンゲをおそいます。けれども百戦錬磨の武将ですからパニャの襲撃を難なく交わしながら、途方に暮れた顔をします。 パニャは「私はこの国の太后だ。逆賊め。」といいます。イ・ジランが背後に駆けつけ様子をうかがっていまし…

続きを読む

大風水 第31話 あらすじ、感想

あらすじ チサンはイ・ソンゲを訪ねてきたクァクが上王から短刀を贈られるたが、不安で相談に来た。と訪れた事を利用することにしました。しかし、上王と王に濡れ衣を着せることになるのでためらっていました。 するとチョン・ドジョンが「そのくらいのことに怯えてどうする。多少の犠牲は付き物」というのでイ・ソンゲに相談しました。イ・ソンゲはしばらく考えていましたが、この策に乗る決心をしました。 クァクに短刀…

続きを読む

大風水 第33話 あらすじ、感想

あらすじ イ・ソンゲの毒を抜くためにチサンはイ・ソンゲを顔だけ出して首から下を土に埋めます。一晩過ぎるとイ・将軍はだいぶ回復しました。翌日村を去るときに「土地を返して下さる改革をありがとうございます」と感謝されます。 しかしまたしても追手がいました。チサン、ウ・ヤスクと共に逃げていましたがヤスクがおとりになると言って、一人走り出しました。ムヨンと一騎打ちになり互いに命を落としました。 イ・ソ…

続きを読む

大風水 第32話 あらすじ、感想

あらすじ チサンらはケリムに来ていました。あるところを訪れた時、珍しい場所に墓があるのに気付きました。普通は子孫繁栄を願った場所に作るのですが、その墓は死者が安眠できる場所だったからです。その場を離れようとしたときチサンは足をくじいたのでその近くに泊まりました。 その夜、チサンはさっきの墓の側で誰かが穴を掘る夢を見ました。不意に気になって走ってその墓に行くとさっきの夢に現れた若い男が墓の側で穴…

続きを読む

大風水 第30話 あらすじ、感想

あらすじ パニャは、間者の黒幕がチョ・ミンスであると告げました。その代り情報と引き換えにスリョンゲに復習する手助けをしてほしいというのです。 チサンはこれをイ将軍に告げます。イ将軍はチョ・ミンスに「間者はそなただったのか。」と尋ねると肯定しました。チョ・ミンスは「イ将軍も王とチェ将軍を裏切った。何が違う。」というとイ将軍は「そなたは自分のために裏切った。私は民のために裏切った。」と答えます。 …

続きを読む