天地人(チョンジイン)1~10話

幼い時に、気がつけば親と離れ施設で育ったキ・ホテは、今、やくざとして生きていた。キ・ホテという変わった名前の由来は悲しいほど単純だった。初めて施設にやってきたとき、園長の手元にたまたま置いてあったのが「ドン・キ・ホーテ」の本だった。名前すらわからない少年は、こうして園長から「キ・ホテ」と名付けられた。 キ・ホテは、やくざがらみの仕事で、時にはヤミ金の取り立てに関わり、キツイ男かと思いきや、実は情…

続きを読む

天地人 (チョンジイン)全話 感想

天地人(チョンジイン)全話視聴完了しました。 現代物は滅多に観ないのですが、時代物でおなじみのイルグク氏(特にファンというわけでもありません)が出演しているので見始めた作品です。 いや~これは良かった!時代物も含めてこれまで観た韓国ドラマの中でもベスト3に入れても良いくらいです。話数は全24話と短いですがこれはお勧です!私は家族愛風なドラマは苦手です。なので、冒頭の印象から思わず食わず嫌いしてし…

続きを読む

天地人 あらすじ(チョンジイン)第15話 盗まれたキムチ

漢方医のピョンマンにカン・ドシクは言った。「後悔するような別れ方はするな。」二人は車でどこかへ出かけた。戻ってくるとビョンマン夫人が天地人にいた。天地人のメンバーはそれぞれの料理を作って出す。しかし夫人は礼だけ言うと店を出ようとした。そこにビョンマン、カン・ドシクも戻ってきて、隠居老人が黙って大きなスケッチブックをめくり出す。それには隠居老人の「手紙」が書かれていた。「こんなにいいやつはいない。…

続きを読む

天地人(チョンジイン) 第14話

ホテは写真に写る幼い日の自分と父親を見た。それをきっかけに忘れていた記憶が一部よみがえった。その写真を撮影したのは、父と離ればなれになったその日だった。天地人で写真を撮ったのはイ・ギチャン。どこか曇った表情の父親だがギチャンが「笑って」と声を掛け、やっと笑顔を作っていた。二人はそのあと遊園地に行く。しばらくすると、父親が向こうに誰かの姿を見つける。行こうとした時、父親は胸を押さえて倒れる。意識が…

続きを読む

天地人 あらすじ(チョンジイン第13話 過去を呼び起こす写真

広川の町で「ギチャンを見かけた」の知らせにカンサンとホテは海辺の町を探し回るが暗くなっても見つからなかった。涙ぐむカンサンをホテはそっと胸元に抱き寄せた。カンサンは、やっと笑みを浮かべた。「あったかい。」するとホテも言った。「あったかい。」 二人は帰宅する車の中、照れる。ホテは「暑い。」と言い、カンサンは「寒い。」と言う。するとホテは「これでいい。」と言いながらカンサンの掌を握った。 天地人に到…

続きを読む

天地人(チョンジイン)第12話

チョ・デシクに行員を解放する条件のため、単身で無抵抗で殴られることをホテは承知した。しばし幾人かに代わる代わる殴られていたが、次第にエスカレートし、一人の男が角材を手に持った。そこにカン・チョルソク刑事と、若い刑事二人は乗り込み「待て!現行犯だ。」と突入し、ホテは危機を脱した。しかし、カン・チョルクはなぜかチョ・デシクを逮捕せずなにやら話しをしている。チョ・デシクはペコペコと何度かお辞儀をした。…

続きを読む

天地人(チョンジイン)第11話 たった一人の殴り込み

天地人に融資担当の支店長が来る。ホテは、この支店長がチョ・デシクに脅されている若い行員だと気がつき、さらにジザツの危険があると察する。カンサンは「事故を起こしそうだから私が運転する。」と言う。そこに、ちょうどオ・テボクに疑いがかかっていた過去の未解決事件をかぎまわっているホテを訪ねてきた。しかし、ホテは行員の命が急務と思い急ぎカンサンの運転する車で以前、話をしたビルの屋上に行く。案の定、行員はい…

続きを読む