鄭道伝(チョン・ドジョン) 33話 あらすじ・感想

あらすじ
イニム一派の小さな不正をドジョンはソンゲの,了解を得て取り上げ罪に問います。土地改革を進める為でした。

やり過ぎだと憤る
ソンゲ、ドジョンらとモンジユ、イ・セクらは反発し合います。

貧しい民を救うために私有地を無くそうとするソンゲらと、従来の伝統と安定を重視するモンジユら。

モンジユはソンゲに面会し、イニムと同じだと指摘。また、民を輝かせるのは君主であり臣下は君主を崇めるものと言います。

しかしソンゲは声を荒げて反発します。

拷問こそ控えたものの、捕らえられた者たちはドジョンにイニムと似てきたと告げます。

さらにウ上王は、ソンゲ暗殺を,計画。
世間ではソンゲらが土地改革を,口実に反対派を一掃してソンゲが王座に着くと噂が流れていました。

モンジユの説得でソンゲは考え直し、罪人となった反対派を放免しようとドジョンに提案。しかしドジョンは反対。

その最中、ソンゲ暗殺の罠が動き出します。昇進したい願いという口実です。

クァク・チュンボにウ上王はソンゲ暗殺を命じますが、かキム・
ジュとソンゲ暗殺を試みましたが、クァクが裏切りソンゲにバレます。

ウ上王は、自分は高貴な血筋だが、ソンゲは女真の,血を引く田舎者だとして台詞ん,吐き、連合されます。

ハ、リュンなども流刑となり反対派はいなくなります。

再度、定昌君を王にしてはという案が出るも、高麗を潰す案ガでます。けれども名分がありません。

ドジョンはソンゲに空いた王座にいまこそ着くべきと断言。

感想

そうか。前半のイニムはドジョンの未来でもあるんですね。




プロフィール

名前:
ran
性別:
女性
一言:
主に歴史系アジアドラマ中心です。感想だったり、あらすじだったり、その都度きめ細かくだったり、おおざっぱだったり、とにかく気負わず記しています。大陸と地続きのドラマはやはり面白い。国の価値観や盛っている部分はあるけれど、それを差し引いても、違う着眼点の発見があるからやめられません。最近は韓国ドラマより中国歴史ドラマを観ています。