賢后 衛子夫(えいしふ)全話感想

全話視聴しました。

衛子夫の史実は、ラスト大変だったようです。
皇帝から寵愛が薄れ、皇后の座を追われ。

けれども、このドラマは皇帝の寵愛は失われず、皇后の座も追われず、無難に終わっていました。
段宏は、さいごに都を離れ、妻になる人と巡り合った気配で終わっていました。

それにしても、この状況、段宏はずっと衛子夫を愛し続けたために自分の全てを犠牲にした感があります。
同時に実弟の衛青も。
そしてその妻のシンカも衛子夫と夫を支え続けたけなげな人でした。

しかし衛子夫の言い方は解釈によっては鬱陶しい。
正し過ぎて普通なら夫の寵愛も薄れそうな言い方にも聞こえるが。

でも衛子夫って有名な人物なので、ドラマの美化された話でもだいたいの流れを知ることが出来たのは良かった。
それから、拷問とか血なまぐさい映像が一切ないので安心して見られたのは良かった。
処刑シーンとか拷問シーンははっきり言って意味がない。

そういえば韓国ドラマは最近ぱったり見なくなった。
ストーリーに飽きたのと、ワンパターン、最近力が入っていないドラマばかりという理由もあるが、その手のシーンが苦手だというのもある。

ドラマなんてだいたいの筋がわかればいいんだから血なまぐさいシーンも言葉もいらないなあ。
ドラマとしては、それほど面白くはない。

けれども、衛子夫がことごとく最後はうまくいくので安心して見られた。