(中国ドラマ)ムーラン 4~6話 感想

感想

若欄に周りに少しずつ味方が増えて行きますね。まずは莫北三傑。はげ頭で人相が悪いので初めはどちら側の人間かわからなかったのですが。もしかすると初めに若欄を女だと知った人物かも。若欄がこっそり川で身体を洗った直後、助けに入っています。「いつから?」と聞いたら「俺が遅かったらお前は死んでいた」と言っているので合えて何も言わないけど見たでしょう。おそらく。

それと兵舎で炊事係をしていた男が父、華武の元同僚の男ですね。息子がいない事を知っているので女だと気付いているかも。半信半疑だけどいろいろ親切にしてくれてますね。これはきっと華武のおかげでしょう。楊俊(よう・しゅん)は、実は皇后の一番のお気に入り。実際、ドラマでもできるやつのようです。けれども確かこの人、煬帝から処刑されたんじゃなかったっけ?

趙宇(ちょう・う)は兵役に就くことを希望してますよ。若欄のいるところに来そうです。
玉荷もなんと若欄の近くに来てますよ。

揉冉(じゅうぜん)は隋の最大の敵みたいですが、どうやらい胡(こ)都統あたりと結託している模様。

ディズニーに同じアニメがあるらしいですが、思ったより面白いですね。