私は王である(韓国映画・李氏朝鮮王朝時代もの)あらすじと感想

あらすじ
このドラマ、要は忠寧の成長の物語なんですよね。ドラマ「チュモン」も同様でしたが。ベースは似ていますね。

朝鮮2代王の時代、世子(のちの譲寧)は放蕩がひどく、2男の王子は仏門にはいっていたので、3男の忠寧が世子になれと突然、王から告げられる。忠寧はびっくり。

一方、両班の娘として奴婢のドクチルを思いながらも悠々自適な生活を送っていた娘は、突然、父が謀反の罪で捕らわれる。奴婢のドクチルとも離れ離れになる。

忠寧は、街に繰り出していた。そのとき道端に寝込んでいたドクチルが忠寧とそっくりなので護衛武官が身代わりにしてしまう。一方、忠寧はドクチルだと思われ、両班の家で袋叩きの仕置きをうける。仲間もドクチルだと信じて疑わない。

忠寧ら奴婢は別のところに売られていく移動中、護衛武官が発見する。しかし武官は武芸も未熟で結局、忠寧とともにつかまってしまう。

一方、宮殿ではドクチルが忠寧に成りすますなか、両班のお嬢様と再会する。しかし、明(?)の使臣の接待に。忠寧は逃げる最中、民の厳しい暮らしを目の当たりにする。

世子が偽物だと見破った高官は、世子をあやつり王室を手中に納めることを思いつく。世子のふりをしたドクチルに横柄な態度を取る。そして本物の忠寧を偽物だから即刻ぶ処刑せよと部下に命じる。

さて忠寧は無事に戻れるのか?

感想

李氏朝鮮王朝の映画です。
コミカル系だけど、ポイントは抑えられています。
主役は日本では聖徳太子に相当する大王世宗です。
(聖徳太子は架空の人物説がありますが)

大王世宗については同名のドラマが詳しいです。
ただし、ドラマは長いですからね。
根気が要ります。私は何年か前に観ましたが。
実際、このドラマを端折ってコミカルにした感じです。

チャンヨンシルもちらりと出てきます。
ドクシルの想い人、お嬢様が大王世宗に出てくるお嬢様の雰囲気かな。
その長いストーリーが映画はうまくコミカルに端折られているので知らない方は効率よく楽しめますよ。ドラマ「大王世宗」の予習にも最適です。
3男なのになぜ、世子から譲位で王になったのか。そのエピソードも「へ?」でまとめられています。2男はどうした?と思いますよね。2男は丸っこい坊さんの格好でお経をあげている姿で登場。
長男の譲寧の放蕩は「王になりたくなくてわざとやった説」があります。2男が仏門に入ったのも似た理由だったりして。
大王世宗は偉業が多いのですが、それって父のイ・バンウォンが「黒い部分を全て担ったから」という側面があるんですよね。私の印象として、世宗の偉業はイ・バンウォンのものという見方もあります。この時代はまだ国が安定していませんからね。
最後に明の使臣である宦官(?不明)が朝鮮王に頭を下げているシーンがありましたが、あれはあり得ないでしょう。そのくらいの軽さがある映画ですが、2時間なので連日みなくては決着がつかないドラマより気軽でいいかも。

お帰りの際に押して頂けると喜びます。

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ