コーヒープリンス1号店・1~4話 感想

久々の現代ものです。

見初めの率直な感想。

 

「私の名前はキム・サムスン」の王道パターンだけど、面白い。

イケメン&金持ちの男2人登場

主役女性は「いい女」ではない

ライバル的女性は「典型的いい女」

本当は女性だが男性のフリをする・・時代物韓国ドラマに多い設定

(普通は気付くでしょ、というヒロイン男性の鈍感さ&たいてい、もう一人の男性は気が付いている)

金持ちヒロインの母、祖母が会社を切りまわしている

ライバル女性が急に姿を消した過去は病気が原因?

ヘタな日本語をしゃべる(日本人設定?)脇役

 

ベタな展開ですが、観ていると癒されるドラマ。

ヒロイン男性がライバル女性に片思いしていて、報われない切なさ。

ヒロイン男性の従妹であり、片思い女性の恋人である男性(え?この顔というか、歯茎むき出しキャラもアリなの?という当初の戸惑いは観ているうち慣れる。)はクセのない性格で、住んでいる家の雰囲気がこれまた良いロケーション。

その飼い犬がかわいい

それにしても、韓国ドラマって必ず相手男性が金持ちですね。まあ、ないよりあるに越したことはないですが。

それにしても30過ぎて定職にもつかず、ただ,いい暮らしをしているヒロインは、「大丈夫?」と言いたくなる設定。カフェ経営というのは安直すぎるし、普通に考えたらそう簡単には儲からないし。

まあ、ドラマだからね。

文句言っていますが、ストーリーは単純で嫌な性格の人がいないのでゆったりみられますよ。

 

プロフィール

名前:
ran
性別:
女性
一言:
主に歴史系アジアドラマ中心です。感想だったり、あらすじだったり、その都度きめ細かくだったり、おおざっぱだったり、とにかく気負わず記しています。大陸と地続きのドラマはやはり面白い。国の価値観や盛っている部分はあるけれど、それを差し引いても、違う着眼点の発見があるからやめられません。最近は韓国ドラマより中国歴史ドラマを観ています。