武則天 秘史 11~25話 感想

このドラマは主役の武則天は3人で演じられます。少女時代から皇后に即位した辺りが18話だったかな。この最初の女優さんは、すごい美人というわけではないのですが、14歳から推定30歳くらい?を良く演じています。注目すべきは武則天がまだ側室だったころの皇后です。どこか人間味ありありで、ちょっと絶妙なコミカル感がみどころ。かとうかずこさんに似ています。 悲惨さ一変じゃないあたりが絶妙です。例えば冷宮…

続きを読む

不武則天 秘史 26〜33話 感想

さて、26話からの序盤はちょっとイライラする回が続きます。この辺は、韓国夫人の息子と娘である2人、敏月と敏之がまぁ性格が悪い悪い。 一応、韓国夫人が媚娘に殺され、復讐のために敏月があのような行動をとったことになっています。そして韓国夫人の息子は、放蕩息子で顔は長安一だけれども、いろいろとんでもない奴と言うキャラです。 それにしても韓国夫人は優しくてという設定だったのに、なぜに息子と娘はあ…

続きを読む

武則天 秘史 1~10話 感想

この作品は予算たっぷりな感じです。全てが豪華です。衣装も何もかも。スケールがあります。しかも主役の女優さんは世代によって3人が演じるようです。私が今見ているのは若年時代です。といっても14歳で登場して、今公主が死んだところなので30歳くらいでしょうか。14歳は動きと表情で思いっきり若さを表現しています。李セミンが亡くなった時点で26歳くらいらしいので、この位が女優さんの年齢に一番ぴったりな感じで…

続きを読む

皇后の記 26~50話(最終話)感想

一気に観ました。 このドラマは前半、というかホンタイジが生きている間のストーリーは割と安定しています。 よくあるストーリーです。 「ユアルとドルゴン・・報われない愛・・結ばれないかな。がんばれ。」 「ホンタイジ・・この人も大変だよね。」 「皇后(ジェルジェル)・・ユアルやホンタイジらの良き理解者 という感じでよくある雰囲気ではあるけれど、ある意味安心して見ていられ…

続きを読む

皇后の記 1~25話 感想

登場人物 ユアル(孝荘文皇后)/ジン・ティエン ドルゴン/ゴン・ラー ホンタイジ/ニエ・ユエン 清朝初代皇帝、ヌルハチ役/ユー・ロングァン ユアルの異母姉妹、ハルジョル/ホー・ファー ユアルの従妹、シャオユアル/ウー・ヤン ジェルジェル(ユアルの叔母&皇后) *** 中国清の初期を描いた作品です。 この時代のドラマとかぶる作品が既にあります。 「宮廷の泪、山河の…

続きを読む

プロフィール

名前:
ran
性別:
女性
一言:
主に歴史系アジアドラマ中心です。感想だったり、あらすじだったり、その都度きめ細かくだったり、おおざっぱだったり、とにかく気負わず記しています。大陸と地続きのドラマはやはり面白い。国の価値観や盛っている部分はあるけれど、それを差し引いても、違う着眼点の発見があるからやめられません。最近は韓国ドラマより中国歴史ドラマを観ています。