コーヒープリンス1号店・1~4話 感想

久々の現代ものです。 見初めの率直な感想。   「私の名前はキム・サムスン」の王道パターンだけど、面白い。 イケメン&金持ちの男2人登場 主役女性は「いい女」ではない ライバル的女性は「典型的いい女」 本当は女性だが男性のフリをする・・時代物韓国ドラマに多い設定 (普通は気付くでしょ、というヒロイン男性の鈍感さ&たいてい、もう一人の男性は気が付いている) 金持ちヒロイ…

続きを読む

琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「火寒の毒」47話あらすじ・感想

今回は、「火寒の毒」とはどういう物かがわかります。 そして、閣閣主の藺晨が初登場(だよね??) さらに、靖王(せいおう)が遂に皇太子になります。 けれども靖王(せいおう)は全然嬉しそうではありません。   この閣閣主の藺晨とは、長髪で梅長蘇と同年代くらいで高度な医術の腕を持っているようです。一応、イケメン系キャラと思われます。前回、若手の誉王(よおう)が死んでしまったので、こ…

続きを読む

琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「不肖の息子」46話あらすじ・感想

不肖の息子とは「(親や師匠に似ず)愚かな息子」という意味のようです。 あらすじ 梅長蘇は幸い、そのあとに体調が復活します。靖王(せいおう)は「お父上の名前は何というのだ?」と尋ねます。梅長蘇は「梅石楠」と答えます。 それから靖王(せいおう)は静妃に「梅長蘇のお父上の名前は何というのです?」と尋ねます。静妃は初め、ためらっていましたが、「梅石楠」と答えます。(梅長蘇に質問した直後に静妃を訪れ…

続きを読む

琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「対峙」38話あらすじ・感想

今回の見どころ 梅長蘇と夏江の心理戦のような延々と続く対話のシーンは見どころです。一言一句がそれぞれ含みがあり、ちょっとしたしぐさ、一瞬のシーンが重要な意味があるような気がするので、一瞬たりとも目を離せません。 いつもは落ち着いた雰囲気の梅長蘇ですが、今回、夏江と対話しているシーンでは、なぜか「若さ」を感じました。「あれ、この人って実は若いんだ」というような。 おそらく、梅長蘇は夏江との対…

続きを読む

琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-「友との別れ」26話あらすじ・感想

あらすじ シン・ハンジャクは四姐に「ある男を落として欲しい」と頼みます。四姐は初め、「あなたももう足を洗ったほうがいい」と言いますがハンジャクの説得の根負けして「これが最後」という約束で頼みを承諾します。四姐に依頼した男とは梅長蘇の屋敷に出入りしているトウ・ロという野菜売りの冴えない男でした。ハンジャクは「あの男は怪しい」というのです。 一方、ショウ・ケイエイは南楚の父が重い病だというので妹…

続きを読む