神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第35話(最終回) あらすじ、感想

あらすじ 朱佩瑤は、父親の朱氏と対面します。 英傑が白馬山荘に行くと、すでに全員が皆殺しにされていました。(鉄海棠より) 英傑は風雷堡に出向き鉄海棠の敵討ちに出向きます。 鉄海棠は黒水仙を手なずけることに成功して魚龍百変功も習得したため、英傑と互角の戦いになります。そればかりか黒水仙の力もあり英傑は劣勢に。 しかし、黒水仙は鉄海棠に従ったフリをしていただけでした。最終的には英傑の味方に…

続きを読む

九家の書 第5話 あらすじ、感想

あらすじ ガンチが獣の様な目に変わり周囲に風が吹き始め砂埃が舞い始めました。ヨウルらが塀の上から様子を見ていました。 チョン・グァヌンは驚いたようにガンチを見つめます。するとソジョンがすばやく現れ、つえでガンチの腹を突きました。するとガンチの動きが止まり、皆が砂埃に手で顔を覆っていると、忽然とガンチの姿が消えました。 グァヌンはムソルの亡骸を呆然と無言で見つめていました。 しかしムソルの…

続きを読む

九家の書 第4話 あらすじ、感想

あらすじ パク・ムソルの屋敷にチョン・グァヌンが放った刺客が訪れます。刺客はソジョンの姿でパク・ムソルの部屋を訪れます。パク・ムソルはチェ・ガンチを拾って育ててから間もなく20年になるが、絶対に外すなと言われていた腕輪が外れた時に不思議な事が起きたと話しかけた時、「お前は何者だ」とムソルはソジョンの姿をした男に言い放ちます。 ソジョンの姿はみるみる消えて黒装束の男になり刀をムソルの首に当てて…

続きを読む

神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第33,34話 あらすじ、感想

あらすじ 鉄海棠が、白雲との対決の時、暗器を放ったのは鷹千里であると、集まった門派の者たちに説明しました。集まった者らは鉄海棠の話を受け入れます。 そこに英傑が登場して「鉄海棠の話はウソだ。私が見ていた。」と証言しますが、周囲の者は信じません。英傑は鉄海棠に決闘をしかけます。ところが小薇が刃に毒を塗ってあるものを持ってたちはだかります。 英傑が近づいてくると鉄海棠は小薇の背中を押したので刃…

続きを読む

九家の書 第3話 あらすじ、感想

あらすじ ソファは赤ん坊を出産したあと、グァヌンを殺そうとして逆に斬られて亡くなります。そのとき手にしていたのは、サンザシの短刀でした。 ソジョンは赤ん坊を川に流し、川辺で宴を開いていたパク・ムソルが拾い上げます。ソジョンは「その子を引き取って育てれば幸運が訪れ全てがうまくいく」と言います。赤ん坊はチェ・ガンチと名付けられパク・ムソルの家に。 ソジョンは魔除けの腕輪を渡し「20才になるまで…

続きを読む