王女未央 全話感想

王女未央、観終わりました。 改めて全話を見終わってみれば、結末は全て主題歌が流れる時の映像に集約されていました。 拓跋シュンが皇帝に即位したシーンと未央と結婚したシーンが描かれていたので、ハッピーエンドとばかり思っていたのです。 けれども、あのシーンはちょっと違っていました。 確かに未央は拓跋シュンと結婚したし、皇后にもなりました。ですが拓跋ヨから飲まされてしまった毒の解毒薬を未央に…

続きを読む

王女未央 ~42話 あらすじ

未央、またまた大試練です。 というのも拓跋俊の母が殺されてしまったから。 しかも未央は拓跋俊母殺しに仕立てられてしまったからなんです。 その犯人は実質、李長楽なのですが、黒幕は常茹です。 長楽は何だかんだ言って、頭が回らない。 母や従兄のシツナンは頭が回りやり手ですが、長楽は「わがままに育った意地悪娘」程度。 常茹は拓跋ヨが未央に心惹かれた気配を察しました。 だから長楽に話を持…

続きを読む

王女未央 ~30話までの感想

多分、いずれこういう展開が来るだろうなと思ったら遂に。 南安王が未央を心から愛し始めそうな気配。 そして30話では初めて南安王の幼き日のエピソードが登場。 南安王が異様なまでにクールなのはそのせいだったのですね。 幼い時に母親から引き離され育ての母から冷たい仕打ちを受け 暗いところに閉じ込められ泣き叫ぶシーン。 南安王はたまたま未央と隠れた薄暗い場所でその恐怖がよみがえっ…

続きを読む

王になった男(韓国時代映画)感想

光海の影武者になった男をめぐる話。 コミカルなストーリーと共に心がじんわり暖かくなるドラマです。 時代と設定、影武者で思い出すのは日本の小説ですね。 影武者徳川家康。 さすがにストーリーは違うけれど、おそらくヒントにはしているだろうなと。 最近、韓国ドラマではやたらと光海君を高評価するドラマが多いですね。 「もし、光海君が王を全うしていたら」というような。 けれども国全体の利益では…

続きを読む

(中国ドラマ)孤高の花 全話感想

中国ドラマの「孤高の花」を見終えました。 中盤以降に面白なって来たので目が離せなくなりました。 ドラマの見どころは何といっても画面の視覚的美しさです。女性のためのドラマだなという感じ。と言っても女性で軍師でもあるハク・ヘイテイの頭の切れっぷり、戦闘シーンは男性も面白いと思えるスケールの大きさがあります。 このドラマをネタバレすると、おおざっぱに言えば絶世の美女であるハク・ヘイテイを…

続きを読む

韓国ドラマ 三銃士 全12話 感想

韓国ドラマの三銃士、全12話を一気見しました。 今、アマゾンプライム会員ならで全話観ることができます。 全く期待せず、観ました、が、止まらなくなりました。 韓国では12話×3回で全36話の予定だったそうです。 が、視聴率が振るわず12話で完了したらしいです。残念。 実際、12話は続きがありそうな気配で終わっています。 韓国で不調だった理由、推測ですが推理物の要素がある気が…

続きを読む

(韓国ドラマ)三銃士 1~8話 感想

全12話です。 何となく観てみましたが、久々にヒットです。 最近、見終えたばかりの宮廷残虐史(韓ドラ)とほぼ同じ時代です。 冒頭でこの話は100年後の清で朝鮮人が発見した記録だとナレーションが入ります。 ただし、著者は実在しておらず、架空の話か偽名を使ったかは不明とのこと。 実際に、そんなことがあったのか、架空の架空かは不明。 地方の貧しい家の若者が科挙を受けに行くところ…

続きを読む