鄭道伝(チョン・ドジョン) 全話 感想

視聴終わりました。途中まで各話ずつ書いていたのですが・・追いつかなくなり、全話の感想をまずは書いておきます。 このドラマのタイトルは鄭道伝(チョン・ドジョン)ですが、実質的な主役はイ・ソンゲでしょう。それは初めからそうだったのか、それとも視聴率や反応の結果なのか、それとも大御所俳優ユ・ドングン(ソンゲ役)に気を遣ったのか? 実際、ユ・ドングンの演技は素晴らしくドジョン役のチョ・ジェヒ…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 38話 あらすじ・感想

あらすじ落馬したソンゲの,暗殺を,試みたモンジユですが、ソンゲはとっさに機転を働かせます。 わざと輿の幕を壊し、元気な姿を見せ尻込みした刺客は庵さんを断念します。 また羅州に流刑されたドジョン。妻のチェ氏が訪れますが、そあを王と決めてから家族は捨てたと言います。 ドジョンは死刑の王命を受けます。 モンジユは最期の酒をとに振る舞い、泣きます。 ドジョンは運命を受け入れる覚悟でした。 感…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 37話 あらすじ・感想

あらすじドジョンはウ・ヒョンボとイ・セクを処刑にしようとします。モンジユは堪忍袋の尾が切れたように、ドジョンに反撃開始します。 なんと、ドジョンが庶子だと言うのです。 ソンゲは妻の葬儀で不在。 ドジョンはは拷問を受けたのち、流刑に。 ソンゲはモンジユにドジョンを助ける意思を告げます。 同時に玉座の野心を表明。 ところがある日、かりに行ったソンゲは落馬で重体に。 感想 カン氏が…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 36話 あらすじ・感想

あらすじ明から帰国したドジョンは驚きます。ソンゲの意思で科田法が取り入れられ計民授田は見送られ、モンジユが守門下侍中に。 でもモンジユはあきらめません ソンゲは門下侍中、モンジユは守下侍中に。バンオンはソンゲに大業をあきらめたのかと質問。カン氏は驚くもソンゲはお茶を濁します。 ドジョンはソンゲにいかりをぶつけます。ソンゲは血が流れるほど大業の正当性は失われる、しかし大業はあきらめない、モン…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 35話 あらすじ・感想

あらすじ イ・セクからドジョンは師と呼ぶことを禁じられます。 ドジョンは貧富の激しい世を正すために反対派を激しく断行します。 モンジユはせいじさ歩み寄るものだと主張するも、ドジョンは散々、搾取した彼らと歩み寄るのはは無理だと反論。 ソンゲはドジョンに賛同します。 ソンゲの長男は、父の行動に反対し家を出ます。玉座に着くためで君主を二人も殺し忠臣も殺した。父のかわりに詫びて生きると山中で貧…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 33話 あらすじ・感想

あらすじ イニム一派の小さな不正をドジョンはソンゲの,了解を得て取り上げ罪に問います。土地改革を進める為でした。 やり過ぎだと憤るソンゲ、ドジョンらとモンジユ、イ・セクらは反発し合います。 貧しい民を救うために私有地を無くそうとするソンゲらと、従来の伝統と安定を重視するモンジユら。 モンジユはソンゲに面会し、イニムと同じだと指摘。また、民を輝かせるのは君主であり臣下は君主を崇めるもの…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 32話 あらすじ・感想

イ・セクからソンゲが共に使臣として明に行くように促されます。 けれども、ソンゲの明行きは殺害される恐れがありました。 そこでドジョンはバンオンが明に行く提案をして、バンオンは快諾します。 ついにバンオンはイ・せらと明に出発します。 一方で明からの誤解を受けさせない為、チェ・ヨンの処刑は避けられない事態になりました。 使臣が帰国しますが、回軍の誤解は解けないままでした。 その後、土地改…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 31話 あらすじ・感想

あらすじイニムはソンゲが伝達に来た直後、吐血。 チョン・ミンスは流刑に。 チヨ・ジュンに裏切られ謀られたと気付いたチョン・ミンスは激怒。 ソンゲは革命を唱えるドジョンとこのままで良い国にしようとらいうモンジユとの意見に揺れます。民本の大業を掲げ、ドジョンらは新たな国作りの、とうしをもやします。 護送されるイニムは都城に戻せと暴れていると、ドジョンが現れ警告を促します。 ちをはきながらも…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 30話 あらすじ・感想

あらすじ昌王が即位して、途端にチヨ・ミンスらイニム派は勢力の兆しを見せます。 驚くべきことにイニムを復帰させようと言うのです。 ウジェは、チョン・ミンスに金を渡し、登用を願います。 バンォンは役人に採用されます。 しかしソンゲは辞職したままです。 ドジョンは王の宮殿前でイニム復活の、異論を唱え始めました。するとモンジユも加勢始めました。ソンゲはその様子を見ていました。 一方でチェ…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 29話 あらすじ・感想

あらすじドジョンはウジェは権門勢家の儒学者と会う。ウジェは高麗の土地はほとんど権門勢家に奪われてしまったと淡々と語ります。 かつて親切にしてくれた農夫が一年後、小作農になり、後に盗賊になり捕まってさらし首になってしまったと語ります。 高麗の制度が元凶だと言うのです。 するとドジョンは懐から計民受伝と書かれた紙を取り出します。 民が自作農できる制度です。 あなたにそんな力が有るのかと…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 第28話 あらすじ・感想

あらすじ ソンゲはチェ・ヨンを斬ることができましたが、斬りませんでした。 そして、回軍はやむを得なかった。と再度伝えます。 チェ・ヨンはひざまづかせられつつ、ぶしは行動で示すものだ、見ているからなとしずかに答えます。 ドジョンはソンゲに、将軍は悪くないと言い最善を尽くしたと伝えます。 バンォンやカン氏と再会したソンゲは安堵しました。 しかし大勢の犠牲に死ぬまで償えるだろうかと言い、カ…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 第26話 あらすじ・感想

あらすじドジョンの手紙を持参したナム・ウンは雨で動けない今が機会だとソンゲに言いますが、ソンゲは激怒します。 反逆になると言うのです。 ナム・ウンは兵士らを救うためだと主張します。 カン夫人はソンゲがそんなことをしないと言うも、万が一の場合は人質になるから、和寧に避難するよう伝えます。 ジランは兵士を返した方がいいと説得するも、ソンゲは反逆扱いになることを恐れ反対。しかし疫病で苦しむ兵士…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 第24話 あらすじ・感想

あらすじ チェ・ヨンは、ウ王の義父になります。一方で、明は使臣が高麗に訪問して遼東は明の土地だと主張。 れにチェ・ヨンは戦の意思を固めていました。 ソンゲや大夫は戦に、反対でしたが、あきらめるしかありません。 ついに張り紙をした明の兵士21名を高麗の兵士が殺害。チェ・ヨンは満足しています。 もう後戻り出来ない事態に追い込まれていました。ソンゲは遼東討伐に反対します。チェ・ヨンは怒りに震…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 第25話 あらすじ・感想

あらすじソンゲがウ王とチェ・ヨンに戦を今するべきではないと、論理的にせつめいしますが話になりません。それどころかウ王は抗命罪に問うと言います。 結局ソンゲは戦を認めるしかありませんでした。いよいよ戦が始まります。 ウ王はチェ・ヨンを西京に残るように懇願します。父のように殺されるのではと恐れていました。 チェ・ヨンは結局、ウ王の頼みを聞き入れました5万の兵士と二万二千の馬という大群で、高麗の…

続きを読む

鄭道伝(チョン・ドジョン) 第27話 あらすじ・感想

チェ・ヨンはソンゲに激怒。 開京に急ぐウ王らと、脱走する兵士ら。 チェ・ヨンはソンゲの家族を捉える命を出します。ソンゲの妻カン氏は、和寧に行くソンゲの提案をよそに黙って別の地に向かっていましたありがと。和寧の夫人に遠慮していたのです。 しかしカン氏を探しあてたバンウォンの決死の救出でようやく救出できました。このとき、とっさに剣からバンォンをかばったカン氏に、バンォンの感情は変化していました…

続きを読む

プロフィール

名前:
ran
性別:
女性
一言:
主に歴史系アジアドラマ中心です。感想だったり、あらすじだったり、その都度きめ細かくだったり、おおざっぱだったり、とにかく気負わず記しています。大陸と地続きのドラマはやはり面白い。国の価値観や盛っている部分はあるけれど、それを差し引いても、違う着眼点の発見があるからやめられません。最近は韓国ドラマより中国歴史ドラマを観ています。